ペットスタイラー

・身体がかゆそう、おうちで何かしてあげられることはないかな?
・絡まった毛や抜け毛で部屋の掃除が大変、何とかしたい!
・うちの子は毛深くて、ブラッシングするのも一苦労だ・・・

ペットスタイラーでお悩みを解決しませんか?!

ペットスタイラーは276枚のブラシとセラミックヒーティングコーム

UV LEDにより愛犬をツヤのある毛質に仕上げます。

ペットスタイラー画像1
ペットスタイラー画像2

長毛種でゴワゴワな毛質でも大丈夫!セラミックヒーティングコームにより、

ヘアアイロンのようにササーッと毛をブラッシングすることができます!

タイトル1

抜け毛対策や溜まった皮脂を落としたり、

身体に付着している害虫を洗い流すのにシャンプーを行うこともあると思います。

シャンプーは皮膚のケアにも良いとされています。

一方で、実はシャワーの出る音ドライヤーの音

ワンちゃんにとってとてつもない轟音であることをご存じでしょうか?

ペットスタイラー画像3

私たち人間の可聴範囲は20〜2万ヘルツと言われている一方で、

犬の可聴範囲は人間の約2倍の15〜4万ヘルツ。

猫の可聴範囲はその約2倍で、30〜8万ヘルツ。

犬や猫は、私たち人間よりも遥かに物音に敏感なのです。

2週間~1ヶ月に1度くらいの頻度で

シャンプーをしてあげている飼い主さんが多いと思いますが、

シャンプーのたびに愛犬は恐怖を感じている可能性があります・・・

ペットスタイラー画像4

また人よりも皮膚の厚さが薄い犬にとって

頻繁なシャワー→乾燥の繰り返しはあまり良くないと言う説もあります。


ペットスタイラー画像5

このように、愛犬たちがシャワーを嫌がる理由はたくさんあり、

みなさんもシャワーを嫌う愛犬に手を焼いていたりするのではないでしょうか?

ペットスタイラー画像6
タイトル2
ペットスタイラー画像7
ペットスタイラー画像8

ペットスタイラーでしっかりブラッシングを行うことによって

愛犬のシャンプーの頻度を減らしてあげませんか?


ペットスタイラー画像9

犬の抜け毛対策にもブラッシングが一番!

換毛期のある犬種は、抜け毛が多いため入念なケアが必要です。

ケアを怠ると、自然に抜けたアンダーコート(死毛)が

オーバーコートに絡まって落ちてこず、毛玉ができて、風通しが悪くなります。

その結果、皮膚が蒸れて、健康を損なうこともあります。

かゆみを感じて足でかきむしり、皮膚を傷つけてしまうこともありますので、

愛犬が換毛期を迎えたら、快適に過ごせるよう適切なケアをしてあげましょう。


ペットスタイラーgif画像1

ブラッシングは抜け毛対策の基本です。

換毛期には回数を増やしたり、

時間を長めにとり、抜け毛をしっかりと取りのぞきましょう。

ブラッシングが習慣化されていないと、いざ換毛期に手入れをしようとしても、

犬が嫌がってしまうので、日常的にスキンシップをしながらブラシをあてるなど、

ブラッシングに慣れさせておくことも大切です。

タイトル3

ブラッシングに適したブラシは、犬の毛の長さや質によって異なりますが

ペットスタイラーは短毛種、長毛種共に全ての犬種に対応可能です。

ペットスタイラーgif画像2

ネコちゃんにお使いいただくことも可能です!

ペットスタイラーgif画像3

ペットスタイラーの魅力


タイトル4

セラミックヒーティングコームによりペットの皮膚を保護いたします。

ペットスタイラー画像01

ブラッシングしながら、セラミックヒーティングコームから

発散した遠赤外線でペットの皮膚を保護します。

ペットスタイラー画像02

また、UV LEDも搭載しております。

ペットスタイラー画像03
タイトル5

160枚のショートブラシは絡まった毛を整え、抜け毛を処理します。

ペットスタイラー画像04
タイトル6

116枚のロングブラシは、害虫や細菌、ほこりなどを処理します。


ペットスタイラー画像05
タイトル7

ペットにとって最適な温度でブラッシングができるように

研究を重ねて開発された製品であり、検査にも合格しています。

ペットスタイラー画像10
ペットスタイラー画像11
タイトル9
ペットスタイラー画像12
ペットスタイラー画像13
ペットスタイラー画像14
ペットスタイラー画像15
ペットスタイラー画像16
ペットスタイラー画像17
タイトル11


Q. ブラシの部分のみ交換可能ですか?
A.可能です、結合締結形式で分解する必要がありますのでお問い合わせください。

Q. 130℃ってやけどしませんか?
A.セラミックヒーティングコーム部はセラミック部分はむき出しておらず、

皮膚に直接当たらないように開発されております。

長時間、コームを動かさずに同じ部位に当て続けるのは必ず避けてください。